2015/06/29

移し色


アフリカに行くぞ、


と決まった時からイメージしていたのは


ゾウとライオンとシマウマに笑


黒人のパフフルで色鮮やかな文化と、


眩しいほどの太陽と乾燥した大地!


(単純すぎ、、、)




でもここはケープタウン、


アフリカアフリカ、っていうけれど、


まるでヨーロッパにいるみたい。


気候は地中海性気候でワインが採れる。


多くの白人が住み


ヨーロッパの文化がグイッと根付いてる。


お洒落なカフェやレストランは


ヘルシンキよりもたくさんあるし、


芝生の広がる公園や砂浜のビーチが美しい。


海沿いに広がるリゾート地にはびっしりと豪邸が立ち並び


その前をピカピカのオープンカーがびゅーんと走り去る。


道にはヤシの木が並び、ハイビスカスやアロエの花が咲いていて


ここは本当にアフリカなのか、と感じる。




逆に、あぁ今アフリカに居るなって思うのは


歌いながら踊りながら仕事をするスーパーの店員さんや


市場の色鮮やかな布や雑貨を見たとき。


それと、陽気なタクシー運転手さんの


アフリカなまりの英語を聞いたとき。




日常では感じることの難しい


私達のまだ見ていない南アフリカがあって


違う一面もちゃんと見なくてはと思った。


ケープタウンの違った側面、


「タウンシップ」を覗いてきたお話は


次回へつづく。




※移し色...移し花で染めた明るい青色のこと。










No comments:

Post a comment